新型パワー・メーター Laser Spoke Power Meter for Cyclists の情報

【パワトレ機材まとめ】【パワーメーター】2012年5月29日 19:34

現在開発中の、レーザーを利用した新型パワー・メーター「Laser Spoke Power Meter for Cyclists(レーザー・スポーク・パワー・メーター)」の情報です。

 

Laser Spoke Power Meter for Cyclists

 

『回し続けろ!』さん

リンク(かんたんな記載あり)

 

indiegogo

リンク(仕組みなど詳細説明あり・英語)

 

スペック情報(上記 indiegogo の情報を参考に記載)

レーザー・スポークは、リア・ホイールのハブとリムに取り付け、レーザーと光学センサーで「リア・ホイールのしなり(flexibility)」を検知しパワーに換算するという、まったく新しい方式のパワー・メーターです。目指すところや特徴は以下のとおりです。

  • 高価でない
  • 精度が高い
  • 取り付けがかんたん
  • どの自転車にも取り付け可能
  • 他のホイールや自転車に付け替え可能
  • BMX・ピスト・タンデムバイクにも対応
  • ディスク・ブレーキでも使用可
  • 非接触型で耐久性が高い
  • 2つの加速度センサーで速度を検知する(マグネットが不要になる)
  • Laser Spoke Pro という上位機種もリリース予定(1/4程度のサイズになる)
  • SDカードにデータを記録(Proは取り外し可能なUSBに対応予定)
  • ANT+に対応予定
  • Proの重量は150g以下が目標
  • Proの精度は1~2%が目標
  • ダイナミック・キャリブレーションに対応(特許出願中)