パワーキャル最新情報

【パワトレ機材まとめ】【パワーメーター】2012年7月20日 07:00

心拍数からパワーの推定値を算出する世界初のパワー・メーターであるパワーキャルについての最新情報をお伝えします。

(本記事は、キルシュベルク・インク及びサイクルオプスから入手した情報を参考にして作成しています。実際に製品を使用して精度を確認するなどはできていませんので、その点ご了承ください)

 

パワーキャル発売の経緯など

■パワー・タップ製造元のサイクルオプスの製品

この注目の新機材をリリースするのは、パワー・メーター市場でのシェアNo.1といわれている「パワー・タップ」の製造元であるサイクルオプスです。 昔からパワーと心拍数に相関関係があることは知られていましたが、それを解明するのはかんたんではなく、過去にこの相関関係を活用したパワー・メーターが製品化されたことはありませんでした。サイクルオプスはコロラド大学ボルダー校との長年にわたる共同研究の結果、ある程度の精度で「心拍数」から「パワー」の推定値を算出するためのアルゴリズム(計算方法)の開発に成功。これにより、心拍数からパワーの推定値を算出する世界初のパワー・メーターであるパワーキャルの販売開始が決定されました。

■本邦ではキルシュベルク・インクが7月下旬より販売開始

本邦では、7月よりサイクルオプスの正規代理店となったキルシュベルク・インクオンラインストア(www.kirschberg.jp)にて、7月下旬から販売開始の予定です。

 

パワーキャルの価格・性能・利用メリットなど

■価格と精度

税込予定価格が10,000円とパワー・タップの約1/10というお手頃価格にも関わらず、長時間・一定のペース走やヒルクライムなどでは、それなりの精度が期待できるとのことです(他方、精度についてサイクルオプスからの情報開示はありません)。

■利用メリット:パワー関連の数値が得られる・ピーク調整への活用・データ欠落の最小化

パワーキャルは心拍数をベースにパワーを推定するので、長時間・一定のペース走の負荷管理での精度が高くなります。その意味では、心拍計とよく似た利用方法になるかと思います。それでは、心拍計でなくパワー・キャルを利用するメリットはどこにあるのでしょうか。それには以下のようなものが考えられます。

  • これから心拍計を買おうと思っている人
    これから心拍計を買おうと思っている人であれば、パワーキャルを使えば心拍数とパワー・データの両方が得られる点が大きなメリットになるでしょう。また他の心拍計では得られない、仕事量(kj)TSS・FTPといったパワー・トレーニングで用いられる指標・数値の推定値が得られる点も付加価値になるといえそうです。
  • すでに心拍計を持っている人
    上記と関連しますが、TSSがわかれば、WKO+などのパワー・データ分析ソフトを使ってATL・CTL・TSBといった指標を使って練習の負荷管理や、ピーク調整を行うこともできます。その意味では既に心拍計を持っている人でも、「心拍トレーニングをさらに一歩先に進める」ために活用することができそうです。
  • すでにパワー・メータを持っている人
    すでにパワー・タップ, SRM, シンコ といった直接計測方式のパワー・メーターを持っている方であれば、通常は不要と思われます。他方、通勤やレースなど走行中にパワー・データを収集できないような局面が多々ある場合は、その際にパワーキャルを活用し「データの欠落を最小化し、パワー・データの精度を上げる(=それによってピーク調整や練習負荷管理の精度を上げる)」といった方法が考えられるでしょう。

■ハード面の長所:ANT+対応・長時間駆動の省エネ設計

ANT+対応でありサイクル・コンピューターの選択肢が多い点や、一度の電池交換で600時間駆動するという点がハード面での長所といえます。

■難点:パワー・トレーニングの長所を最大限享受することは難しい

心拍数をベースにしていますので、以下のような点が、直接方式のパワー・メーターに比べると難があるといえます。「それでは困る」「本格的に精度の高いパワー・トレーニングをしたい」という人の場合は、多少値が張ってもパワー・タップやSRMといった直接計測方式のパワー・メーターを購入したほうがよいでしょう。

  • 短時間・高強度やパワー変動幅が大きい場合の精度は劣る
    短時間・高強度でパワーが激しく変動するレースやチーム練でのパワー・データの精度は、相対的に低くなるようです。よってL5~L7といった高強度のインターバルで精緻に運動負荷を管理するといったことも難しいと思われます。
  • 体力の変化の推移がチェックできない
    またパワーキャルで示されるパワーだけでは体力の変化の推移をチェックするのは難しいでしょう(他方、スピードなど他の指標と組み合わせることで、チェックできる可能性があります。これは心拍計と同様です)。
  • 心拍数に影響を与えるその他要因がパワーにも影響する
    体調・気温・体内水分量の減少(脱水症状)・ストレス・睡眠不足といった心拍数に影響を及ぼす要因が、パワーキャルで示されるパワーに影響し、それらを排除できないと思わます。つまり同じ選手であっても体調や気候条件などの外部要因次第で、パワーの精度にブレが出る可能性があります。また選手間の「個人差」もパワーの値に影響すると思われます。

 

主要情報概略

主要情報は以下の通りです。

■製品基本情報

ブランド サイクルオプス
品名 PowerCal(パワーキャル)
販売予定価格 10,000円(税込)
販売開始時期 7月下旬
取扱店舗 キルシュベルク・インクオンラインストア(www.kirschberg.jp

 

■製品の特長

  • 心拍数からパワーの推定値を算出する世界初のパワー・メーター
  • パワー・メーター市場でのシェアNo.1といわれているパワー・タップの製造元であるサイクルオプスがコロラド大学と共同開発したアルゴリズムを採用
  • パワー(W)・仕事量(kj)・FTPといった「パワー・データ」や「パワー・トレーニングの参考になる指標」を得ることができる
  • ANT+に対応
  • 1度の電池交換で600時間駆動