2013年5月2日(木)のおすすめブログ

【おすすめブログ一覧】【トレーニング・ブログ】2013年5月2日 10:36

レース

 サイト画像

サイト・ブログ名

■タイトル

走ってコロコロさん

■Tour of Friendship 2013 ~5th Stage~

cyclowired.jp

■ツアー・オブ・フレンドシップ2013第5ステージ速報 総合上位3人が膠着状態でゴール 武井は逆転ならず総合2位でレースを終える

盆栽自転車店ブログさん

■盆栽三都物語 京都 Rapha Gentlemen's Race編

 

トレーニング

 サイト画像

サイト・ブログ名

■タイトル

伊藤雅和選手(愛三工業レーシングチーム)

■新たな

栗村修監督(宇都宮BLITZEN)

■スポーツ選手としての基礎

鈴木真理選手(宇都宮BLITZEN)

■良い感触

野寺秀徳監督(SHIMANO Racing)

■晴天の中

土井雪広選手(Team UKYO)

■今日のトレーニング

山本和弘選手(Cannondale space zero point)

■グループライド@道志みち

筧五郎のgrandjete56さん

■簡潔に 水曜連

オーベスト ブログさん

■ペラ・・・い

アスリートへの道さん

■2013年5月1日

コンドルに、なりたいさん

■4月の走行距離 1595km

カトー少年さん

■雨沢峠メディオ1本 

oceanscafeの駐輪場さん

■4月を振り返って

IT技術者ロードバイク日記さん

■朝練夜練 220km

Like a Swift Windさん

■箕面朝練

ロード・ミニベロな日々さん

■本日のローラー台

翔べ!パパクライマーさん

■ローラー45分走(265W・5.10倍)

クライマー系オールラウンダーを目指して!さん

■4月の走行距離

五十路親父の自転車パワートレーニングさん

■ソリア、メディオ 上げきれず・・

BRT45自転車日誌さん

■2013年4月まとめ

のりへいの「このまま踏んだらどこまでいける、踏めばわかるさ!」さん

■守破離

行け!おやじライダーさん

■水曜・がんばる朝

Challenge !さん

■ローラー 10分ベスト / 1分インターバル

オールアウトを目指して!さん

■固定ローラー練.

初心者がパワータップでパワートレーニングさん

■メディオ20分x2 986KJ 平均157w 最大877W NP201W TSS 122 1時間44分 51km

十三峠マニアのブログさん

■内灘TTT対策練

TRAINING4CYCLISTS.COM

■Boosting performance with sub-threshold intervals

 

その他

 サイト画像

サイト・ブログ名

■タイトル

とんぼと一緒にロードバイク(タイムトライアル編)さん

■TT機材の空気抵抗評価。

とんぼと一緒にロードバイク(タイムトライアル編)さん

■TT機材の空気抵抗評価、のつづき。

とんぼと一緒にロードバイク(タイムトライアル編)さん

■TT機材の空気抵抗の評価のつづき、のつづき。

Low-Tech Cyclingさん

■iBikeとSRMを用いたCdA計測のバラツキ具合

JBCF

■【5/6 NHK BS1 「チャリダー★」放映について】

CYCLE SPORTS.jp

■5/7まで!小田急百貨店 新宿店 サイクルフェスタで「砂田弓弦 写真展」開催

cyclowired.jp

■ジロ・デ・イタリア2013ステージ紹介・第1~11ステージ ナポリで開幕する第96回ジロ 南イタリアを駆け抜ける前半ステージ

cyclowired.jp

■ジロ・デ・イタリア2013ステージ紹介・第12~21ステージ アルプスとドロミテで決着 ガリビエやステルヴィオが登場する後半ステージ

CYCLINGTIME.COM

■チームスカイ内紛勃発!"エースの座は俺に確約されている"と豪語するフルームはウィギンスの言葉を全面否定!、対するウィギンスは"エースはまだ未定、僕はツールを狙っていると宣言"

SHIMANO Racing レースリポート

■Zuid Oost Drenthe Classic I UCI1.2

SHIMANO Racing レースリポート

■Zuid Oost Drenthe Classic II UCI1.2

竹之内悠選手

■Today was GP HOBOKEN UCI Bel 1.2, I was 14th.

惨憺たるアンコウさん

■マルティンのブログ、エシュボルン~フランクフルトへ

惨憺たるアンコウさん

■グライペルのブログ、トルコからフランクフルトへ

惨憺たるアンコウさん

■オペラシオン・プエルトは闇に葬られた