もっと速くなるために参考になるじてトレ出版物の立ち読み版です。

11ページ中1ページ目

【立ち読み版】2019年8月21日 00:01 閲覧数:5535

続きを読む

【立ち読み版】2019年8月21日 00:00 閲覧数:2678

続きを読む

【立ち読み版】2019年8月20日 00:01 閲覧数:7086

続きを読む

【立ち読み版】2019年8月20日 00:00 閲覧数:7077

続きを読む

【立ち読み版】2019年8月19日 00:01 閲覧数:10376

続きを読む

【立ち読み版】2019年8月19日 00:00 閲覧数:10473

続きを読む

【わかる パワートレーニング!】【期分け・練習計画】【立ち読み版】2019年8月9日 00:15 閲覧数:56232

トレーニングには、3つの要素があり、それが一緒になってトレーニングというものを規定します。その3つの要素とは、頻度、持続時間、強度です。これは、ツール・ド・フランスに出るようなプロであろうが、自転車に乗り始めたばかりの初心者であろうが、同じです。いつもの練習のなかで変えることができる要素、というにすぎません。新しいことは何もない、トレーニングの基本中の基本です。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【立ち読み版】2019年7月9日 00:15 閲覧数:82793

最大酸素摂取量(VO2max)が低くても、エコノミーが優れていれば、良い成績を収められるということはあり得ます。1970年代のマラソンランナー、フランク・ショーターはその良い例です。ショーターのVO2maxは72であったと言われています。この値は世界クラスの男子選手としては、かなり低い値です。男子のトップランナーはほとんどが70台後半であり、80台あるいはそれ以上の人もいます。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2019年6月9日 00:15 閲覧数:80983

トレーニングの内容は、記録しておく必要があります。また、トレーニングゾーン別に練習時間を記録し、トレーニング強度も測定しなければなりません。トレーニング日誌にこれらを記録することによって、トレーニングがいつ効果的で、いつ効果的でなかったかを判断できるようになります。これは、アスリートにとってきわめて貴重な財産になります。続きを読む

【期分け・練習計画】【疲労・回復・睡眠】【立ち読み版】2019年5月9日 00:15 閲覧数:93521

週単位のトレーニングブロックでは、3~4日目ごとに休養日や回復日を設定しますが、月単位のトレーニングブロックでは、これと同じように3~4週目ごとに回復週を設けます(図9.1aと9.1bを参照)。続きを読む

【期分け・練習計画】【疲労・回復・睡眠】【立ち読み版】2019年4月9日 00:15 閲覧数:100137

練習と休養からなる2~3日間単位の「トレーニングブロック」の間に、体は「オーバーリーチング」と呼ばれる状態になります。オーバーリーチングは、継続的なトレーニング負荷が与えられた結果として体に生じる現象で、疲労蓄積と細胞損傷が一定の限度を超えることを指します。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【立ち読み版】2019年3月9日 00:15 閲覧数:119005

VO2maxは、持久系の運動で全力を出し切った時に全身が摂取できる酸素量を指し、有酸素運動能力(Aerobic capacity)とも呼ばれます。VO2maxは、研究所などの施設で「段階的なテスト」によって計測できます。アスリートに酸素摂取量計測装置をつけ、体力の限界に達するまで数分ごとに強度を上げていきます。VO2maxは、1分ごとに体重 1kgにつき消費される酸素量をミリ・リットルの単位で表します(ml/kg/分)。世界レベルの男性サイクリストで、通常 70~ 80ml/kg/分です。体を動かす習慣のある男子大学生は 40~50ml/kg/分程度、女性は男性よりも平均で約 10%低くなります。続きを読む

【LSD】【冬のトレーニング】【立ち読み版】2019年2月9日 00:15 閲覧数:90511

eTは、LTよりもかなり低い運動強度ですが、レースに勝つためには同じくらい重要です。AeTでの運動強度は、メイン集団で巡航している時と同程度です。有酸素系の体力が優れていると、先頭集団で何時間も楽に走行でき、レース戦術用語で「マッチを燃やす」と呼ばれるかなり高強度のインターバルがかかった時にも対処できるだけの余力を残しておけます。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【わかる パワートレーニング!】【立ち読み版】2019年1月9日 00:15 閲覧数:142944

CPは、ある持続時間(単位:分)での最大平均ワット数のことです。例えば、60分走行した場合、(そのトレーニング・セッション単体の)CP60は、セッション全体の平均ワット数になります。このセッションにおけるCP1は、セッション中に記録した1分の平均ワット数の最高値になります(セッションのどの時点かは問いません)。適切なパワー・データ分析ソフトを使えば、簡単にCP1のセグメントを特定できます(同様にCP6、CP30なども特定できます)。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2018年12月9日 00:15 閲覧数:102842

あなたはなぜ、トレーニングに打ち込んでいるのでしょうか? 達成したいことは何で、そのためには何をしなければならないでしょうか? 目標は、寒い土曜日の早朝にベッドから這い出し、数時間も自転車に乗るためのモチベーションを高めてくれます。目標はトレーニングの指針と、進捗を測るための基準を与えてくれます。そして、トレーニングの最適な計画にも役立ちます。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2018年11月9日 00:15 閲覧数:167787

真のスプリンターになれるかどうかは、遺伝でほぼ決まります。スプリンターは、生まれながらにしてスプリンターなのです。言い換えると「鈍足のロバが足の速いロバになることはできても、ロバが競走馬に変身することは絶対にない」ということです。ロバは単純に足が遅い動物として生まれるわけですが、これは多くのスプリンター脚質ではない選手も同じです。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【立ち読み版】2018年10月8日 00:15 閲覧数:172221

サイクリング歴が長い人なら、「乳酸閾値(LT)」や「無酸素性作業閾値(AT)」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。他にも、「有酸素性作業閾値(AeT)」「最大乳酸定常値(MLSS)」、新しいところでは「機能的作業閾値パワー(FTP)」などの用語を目にしたこともあるかもしれません。これらの用語は、トレーニングゾーンの設定や体力の進捗把握のために、年間トレーニングを通じて用いられる重要な指標を指します。ただし、それぞれ測定方法も、その意味するところも異なります。閾値が上昇すれば体力も向上します。私はこれを「体力の上限を引き上げる」と呼んでいます。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2018年9月7日 00:00 閲覧数:244337

自転車で走行中にほんの数秒~数分間だけ維持できる強度がどのようなものか、皆さんはご存知だと思います。このような時に必要になる無酸素パワーは、特定のトレーニング・プログラムに取り組むことで強化できます。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2018年7月6日 00:15 閲覧数:190480

自分のアタックが成功しない理由をしりたいと思ったことはないでしょうか?レースに勝つための試みが思い通りの成果につながらない主な理由は、3つあります。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2018年5月7日 06:10 閲覧数:229088

スプリントの成功はさまざまな要因に左右されます。もちろんパワー出力もそのうちの1つですが、他にも、位置取り、タイミング、技術、運、そして勇気なども必要です。スプリント・パワーは、ベーストレーニングの段階から1年を通じて向上させていきます。まずはフォームの改善から始め、その後にスプリント特有の筋力を強化します。正しいフォームと強い筋力によって、スプリント・パワーは向上します。スプリント・パワーは、いかにハードにペダルを踏めるか、いかに速く無理なくペダルを回せるかで決まります。シーズンを通して、スプリントのすべての要素のトレーニングを継続しましょう。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【立ち読み版】2018年3月7日 10:16 閲覧数:157341

「エコノミー」とは自動車の評価基準である「燃費」に該当します。一定量のガソリンで遠くまで行けるほど、その車はエコノミカル、経済的だということになります。自転車でもエコノミーという評価基準があります。この場合、酸素1ミリリットルにつき何メートルか、という単位になるだけです。最大下強度のパワーでペダルを回すとき、それに必要な酸素量が少ないほど、あなたは経済的です。そしてレースの時間が長ければ長いほど、経済的である意味は、大きくなります。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【冬のトレーニング】【立ち読み版】2018年1月5日 11:57 閲覧数:275647

『12週間 冬のサイクリング・トレーニング・プログラム』のベースになるのは、常にインターバルトレーニングです。その理由は、インターバルトレーニングは、いちばんきついものの、体力を向上させる効果の高い、すばらしいトレーニング方法だからです。これらのメニューに取り組めば、記録的な速さで、望み通りの状態にまで体を仕上げることができるでしょう。続きを読む

【LSD】【立ち読み版】2017年12月8日 00:15 閲覧数:147919

十分な練習時間が確保できない場合は、インターバルトレーニングなどによって短時間高強度で追い込むことにより、練習の時間効率を上げることができます。しかし、サイクリストとして総合的な実力を上げたければ、月に何回かは耐久走のペース(心拍数:最大心拍数の65~80%、パワー:閾値パワーの55~80%)をメインに、3時間以上乗りこむような、持久力トレーニングを組み込むことが望ましいとの指摘もあります。それはなぜなのでしょうか?また、持久力トレーニングによって、実際に体はどのように変化するのでしょうか?続きを読む

【わかる パワートレーニング!】【立ち読み版】【速くなるためのヒント一覧】2017年11月10日 00:15 閲覧数:197908

サイクリングの体力には、さまざまな側面があります。そのなかから自分の強みとリミッターを見極め、目標達成のために最適なトレーニングプログラムを組むことが重要です。また、テストによって進捗をチェックし、トレーニングに自信を持つことも重要です。続きを読む

【わかる パワートレーニング!】【立ち読み版】2017年10月6日 06:01 閲覧数:197327

パワーメーターは完璧ではありません。パワーを基にトレーニングをすることにも、当然デメリットはあります(パワーメーターの記事にしては、少々おかしいでしょうか。その理由について説明させてください)。続きを読む

【わかる パワートレーニング!】【期分け・練習計画】【立ち読み版】2017年8月10日 07:13 閲覧数:251939

より強く、より速くなるためには、競技に向けて身体能力を高めなければなりませんが、おそらくメンタルも変える必要があるでしょう。パワーメーターは、そのどちらにも役立ちます。使い方さえ習得すれば、パワーメーターにはトレーニング効果を上げる力があるのです。そのパフォーマンスを向上させる理由を、5つ紹介しましょう。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2017年6月19日 13:49 閲覧数:236448

テンポ・インターバルの2本目、4本目、6本目は、エアロ・ポジションで行いましょう。初心者は、4セットに短縮してください。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2017年6月9日 14:47 閲覧数:232356

練習時間が少ないのが悩みではないですか?その場合はこのメニューのように、レッグ・スピードのスキルを磨くメニューと筋持久力を鍛えるメニューを組み合わせるのもひとつの手です。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2017年5月31日 14:29 閲覧数:251732

逃げを決めるためのアタックをイメージしながら行いましょう。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ペダリング・ポジション・スキル】【立ち読み版】2017年5月15日 14:08 閲覧数:344829

ペダリング・ドリルでは、ペダルを効率よく動かす方法を身につけることを目的とします。目的を明確に理解することで、練習の効果が高まります。こんな風に考えてみましょう。あなたは、自転車を動かすエンジンです。ペダルを動かせばクランクが動き、クランクを効率よく動かすほど、少ないエネルギーで自転車を動かせます。続きを読む

【わかる パワートレーニング!】【期分け・練習計画】【立ち読み版】2017年4月27日 00:53 閲覧数:221459

これまでパワー・トレーニングの始め方や各種パワー・メーターの機材やパワー・メーターの使い方といった技術的な面を中心に説明してきました。最後にもう一度まとめて説明します。パワー・トレーニングの進め方の手順は、以下のとおりです。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2017年4月26日 12:39 閲覧数:242785

このメニューは、レースのシミュレーション用です。初心者は、クルーズ・インターバルの強度を落としてください。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】【筋トレ・ストレッチ】2017年4月24日 16:44 閲覧数:296905

ローリング・スタートにしないでください。全身の力を使って、ペダルを踏み込みましょう。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ペダリング・ポジション・スキル】【立ち読み版】2017年3月29日 16:42 閲覧数:245283

パワー・メーターで、足の強さの左右差を比べてみましょう。初心者は、1セットあたり3本にとどめてください。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2017年3月28日 21:17 閲覧数:226719

回復インターバルは短いですが、スプリントの時には全力を振り絞ってください。スプリント・パワーの強化に効果のあるメニューですが、脚がフレッシュな時にだけ行うようにしましょう。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2017年3月27日 20:16 閲覧数:223317

スプリントの最後に100rpmに達するよう、全力で踏んでください。初心者は、コンディションが上がってくるまでスプリントは4本にとどめましょう。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2017年3月22日 16:49 閲覧数:219940

ダンシングでのスプリント中は、坂の頂上をイメージしましょう。初心者は、スプリントの本数を5本から始めてください。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2017年3月21日 18:33 閲覧数:217902

最後のセットでは、あたかもレース最終局面のように感じるはずです。追走集団から逃げ切るイメージを持って、きつくなってももうひと頑張りしてスピードを維持しましょう。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2017年3月17日 12:54 閲覧数:225192

最大限の努力度の運動を行う時の回復インターバルを短時間に設定することで、無酸素運動時のスピードを向上させることができます。このメニューは、クリテリウムやMTBのショート・トラック・レース対策に向いています。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2017年3月16日 19:17 閲覧数:357249

このメニューのあとには、少なくとも1日は休息日を設け、しっかり体を回復させましょう。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2017年3月15日 18:55 閲覧数:200658

このメニューは、強化期に取り組むとよいでしょう。MTBの選手とロード・バイクの選手に最適です。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2017年3月14日 18:33 閲覧数:260280

初心者は、最初のセットのインターバルを12~15分に短縮し、慣れてきたら徐々に延ばしていきましょう。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2017年3月10日 14:45 閲覧数:382650

ラスト5分は、「Z5 / RPE17~18 / CP30」まで強度を上げましょう。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2017年3月9日 20:21 閲覧数:359169

このメニューは、レースに備えた体作りをする基礎期の終盤に取り組むとよいでしょう。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2017年3月8日 12:44 閲覧数:356565

このメニューは、強化期など、持続時間の長いメニューに重点的に取り組むタイミングで行うとよいでしょう。インターバルの時間は、体力レベルに応じて適宜短縮しても構いません。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2017年3月7日 20:15 閲覧数:347477

このメニューは、基礎期の早い段階に組み込むとよいでしょう。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ペダリング・ポジション・スキル】【立ち読み版】2016年12月16日 12:00 閲覧数:260711

高いケイデンスで回している間は、脚全体を極力リラックスさせてください。進歩の度合いをチェックするために、平均ケイデンスを記録しておきましょう。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ペダリング・ポジション・スキル】【立ち読み版】2016年12月15日 13:54 閲覧数:237630

上半身をリラックスさせ、高ケイデンスで坂を上るイメージで行いましょう。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ペダリング・ポジション・スキル】【立ち読み版】2016年12月15日 13:47 閲覧数:219724

このメニューにしっかり取り組んでおけば、レース当日にトランジションがスムーズにいくでしょう。続きを読む

【冬のトレーニング】【初心者のためのヒント】【期分け・練習計画】【立ち読み版】2016年12月14日 07:31 閲覧数:293143

基礎期を通じて漸進的に体力を高めていくためには、その時点の体力をわずかに上回る程度にトレーニング負荷を徐々に増やしていくことが必要です。トレーニング負荷が変わらなければ、何週間トレーニングを続けても体力レベルは変わらず、特に目立った向上は得られません。トレーニング負荷を減らせば、体力は低下してしまいます。つまり、トレーニングの方法によって、体力は維持することにも、高めることにも、低下させることにもなるのです。続きを読む

12345>