5ページ中5ページ目

【ペダリング・ポジション・スキル】2012年9月13日 13:55 閲覧数:368500

チーム ブリヂストン アンカーの西薗良太選手が、清水都貴選手へのポジションについてのインタビュー記事を書かれています。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【ペダリング・ポジション・スキル】2012年8月27日 07:00 閲覧数:297720

片足ペダリングのコツ紹介のYouTube動画です。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【レース対策情報・レース戦術】【空力・エアロダイナミクス・TT・下り】2012年8月22日 07:00 閲覧数:353492

レースでは、ここぞという時にパワーを十分に出せるようにするために無駄なパワー・ロスを極力少なくするほうが望ましいといえる。具体的には、なるべく急加速のようなFTPを大幅に超えて筋グリコーゲンを大量に使うような動きを少なくすることや、そもそもペダルを踏んでいる時間をなるべく少なくすることが大切になる。しかしそれをどのように実現したらよいのだろうか。今回は、集団走行時になるべく「パワー・ロスを少なくするための位置取り」について『The Time-Crunched Cyclist』を参考に紹介する。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ペダリング・ポジション・スキル】2012年8月13日 07:00 閲覧数:447691

ローラー練は単調で「実走に較べるとつまらない」と感じることが多いかも知れないが、メニューに工夫や変化を加えることで、「つまらなさ」を紛らわしながら様々な能力を効果的にトレーニングできる。今回はTVを見ながら気楽に行える低強度の片足ペダリングの練習メニューを紹介する。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】2012年8月6日 07:00 閲覧数:219278

ペダリングの際、出力効率がいちばんよいのはクランクに対して90度の方向に力がかかった時だといわれている。しかし相当にペダリング技術が高くなければ90度の方向にだけ力を入れるというのはかなり難しい。実際にはペダルが360度・1回転する間に少しずつ90度からズレが生じており、その分が積み重なってペダリング効率が落ちてしまうのが普通だろう。それでは、クランクに対して90度の角度からどの程度ずれるとどの程度のロスが発生するのだろうか。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【速くなるためのヒント一覧】2012年8月1日 07:00 閲覧数:130383

ロード・レーサに限らず、トップ・アスリートの動きは美しいことが多いが、これは膨大を練習を積み重ねた結果、筋肉がもっとも効率的な動きを習得し、自然にいちばん合理的な方法で体が反応するようになっているからだと考えられる。つまり「動きに無駄がない」といえる。この「無駄のない動き」を完全に自分のものにするには、絶対的な練習量もさることながら、「無駄のない動きをしようと意識すること」つまり「正しい形(=動き)で練習をすること」がひじょうに重要になる。今回はこれに関する、宮澤崇史選手の興味深いブログを紹介する。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【空力・エアロダイナミクス・TT・下り】2012年7月26日 07:00 閲覧数:180310

エコノミーは、VO2maxやLTといったことにくらべるとスポーツ科学の分野ではまだあまり研究が進んでいない分野といえる。短時間のレースではエコノミーが多少劣っていてもレース結果にはほとんど影響しないが、レース時間が長くなればなるほど、エコノミーの優劣がレース結果に大きく影響すると考えられる。今回は、ジョー・フリール氏のブログより、エコノミーの改善に関する研究事例などを紹介する。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ペダリング・ポジション・スキル】2012年6月25日 07:00 閲覧数:447101

片足ペダリングは、スムーズなペダリング技術を身に着けるのに有効な練習方法のひとつといわれている。今回は、ローラー用の片足だけを使ったスプリント練習メニューを紹介する。時間は全部で約44分と短いが、片足だけでのスプリントを繰り返すややハードなメニュー。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】2012年6月20日 07:00 閲覧数:246370

タイム・トライアルは、自分の限界ギリギリのパワーを出し続ける過酷な競技だ。今回は『勝つための自転車レーステクニック』を参考に、タイム・トライアルで、その昔かつての世界トップクラスの選手*がパフォーマンス向上のために実際に使っていたという「ペダリングの秘訣」を紹介する。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【ペダリング・ポジション・スキル】2012年6月14日 07:00 閲覧数:232397

竹谷さんによる、ペダリング・メカニズム説明のYouTube動画です。筋力・足の重さ(重力)・慣性(滑らかなペダリングをすることで利用できるようになる)がどのように働くかや、それらを利用したペダリング方法について、実演を交えて説明されています。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【トレーニングメニュー】【ペダリング・ポジション・スキル】2012年6月11日 07:00 閲覧数:448519

左右の脚の筋肉は、ペダリングの動きの中でお互いに抵抗を作り出しており、ある意味邪魔をしあっている。抵抗はエネルギーの浪費につながりパフォーマンスを阻害する。これは練習で改善することが出来る。レッグ・スピード(脚を動かす速度)を鍛えれば、より高いケイデンスでスムーズに走れるようになり、さまざまなケイデンスでの効率性も改善する。今回は、ペダリング効率改善のためのレッグ・スピード・ドリルを紹介する。■この記事は、旧サイトからの移行分です(2011.12.24の記事です)■続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【ペダリング・ポジション・スキル】2012年6月7日 07:00 閲覧数:287704

相沢康司(福島康司)さんが様々な種類のダンシングのコツについて、実演しながら詳しく説明されているYouTube動画です(撮影者の方の質問に対しても丁寧に回答されています)。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【ペダリング・ポジション・スキル】2012年5月16日 07:00 閲覧数:215543

ペダリング・テクニックの説明のYouTube動画です。アンクリングなどについても説明されています。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【レース対策情報・レース戦術】【空力・エアロダイナミクス・TT・下り】2012年5月15日 07:00 閲覧数:175300

長い見通しのよい下りでは、いかに空気抵抗が小さいフォームを取るかが大きなスピード差に直結する。以前、「長い下りで空気抵抗を最小化するダウンヒル・ポジション」を紹介したが、今回は、従来のダウンヒル・ポジションよりもさらに劇的な空気抵抗削減効果があるアグレッシブなダウンヒル・ポジションを紹介する。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【ペダリング・ポジション・スキル】2012年5月11日 16:22 閲覧数:216647

効率的なペダリング・スキルを習得するための練習方法(2:11辺りから)、レーシング・ポジションでリラックスして乗れるようになるための練習方法(4:33辺りから)、アタック・ペダリング(7:22秒辺りから)について、実演をまじえて説明されているYouTube動画です。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【速くなるためのヒント】2012年4月27日 18:21 閲覧数:182126

パワークランクは左右のペダルが独立して動く独特の機構をもつ、ペダリング・スキルの向上に効果的な機材といわれている。それではパワー・クランクで練習すると、実際にどのような効果があるのだろうか。今回は、『Cutting-Edge Cycling』を参考に、パワークランクの練習効果の興味深い研究事例を紹介する。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】2012年4月17日 11:31 閲覧数:250930

プロ選手のレースでの理想的なケイデンスは、平地やTTで90前後だといわれている。しかし選手ごとに体力・体格・ペダリング・スキル・競技経験が違うので、最適なケイデンスには個人差があるというのが実際だろう。それでは自分にとって最適なケイデンスをどのように見つければよいのだろうか。今回は『パワー・トレーニング・バイブル』の著者のひとりであるハンター・アレン氏の最新の著書『Cutting-Edge Cycling 』を参考に、最適なケイデンスを見つけるためのシンプルなテスト方法を紹介する。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【ペダリング・ポジション・スキル】2012年3月22日 16:48 閲覧数:186539

2011年佐渡国際トライアスロン大会のリレーで優勝した「メイストームマッハ555」のバイク担当の高嶺さんが、高速ペダリング時での足のさばき方について実演を交えつつ説明されています。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【レース対策情報・レース戦術】【空力・エアロダイナミクス・TT・下り】2012年3月21日 18:34 閲覧数:148838

ロード・レースでは、コース・レイアウトによっては見通しのよいかなり長い下りが組み込まれている場合もある。このような区間をより速く下るのに重要になるのがエアロダイナミクス(空気力学的)に優れたライディング・ポジション(ダウンヒル・ポジション)だ。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【レース対策情報・レース戦術】【冬のトレーニング】2012年2月16日 16:57 閲覧数:406900

ロード・レースは勝負どころまでいかにエネルギーを温存できるかが重要になるので、燃費効率(エコノミー)が高いことは大きなアドバンテージとなるだろう。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】2012年1月24日 12:13 閲覧数:317422

ペダリング方法やポジションの出し方には様々な流派がある。どれが正しいというよりは、体力レベル・スキル・体幹の強さ・柔軟性・目標とするレース・自分の好みなど、さまざまな要素を踏まえて自分にとって最適な(もっとも楽に・速く走れる)ものを見つけ出し習得していくのが現実的だろう。今回は新城幸也選手のペダリングやポジションに関する情報を紹介する。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ペダリング・ポジション・スキル】【筋トレ・ストレッチ】2011年12月30日 09:33 閲覧数:694222

冬は有酸素持久力・筋力・スピードスキルなどレースで必要となる基礎スキルをみっちり鍛えるのに最適な時期だが、高いトルクで回す能力を鍛えるためにSFRを練習に取り入れている人も多いだろう。SFRの方法としては、Blue Wychの柿木さん推奨の「40rpmでなるべく重いギアを2分間踏むのを2分間×5本、週1回程度行う」というメニューが有名だが、今回はbike training tips.comへの読者投稿から興味深い2種類のSFRの行い方とその効果を紹介する。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【初心者のためのヒント】2011年11月21日 15:36 閲覧数:335265

ペダリングは単純な動きのように見えてかなり奥が深い技術です。そのペダリングの中に「引き足」という動きがあるのを聞いたことがあるでしょうか?続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【初心者のためのヒント】2011年11月20日 15:09 閲覧数:281991

「ケイデンス」ということばを聞いたことがあるでしょうか?これは自転車以外ではまず使わないことばですが、「ペダルの回転数」のことです。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【初心者のためのヒント】2011年11月2日 19:49 閲覧数:272221

ペダリングは単純な回転運動であるものの、どのタイミングでどの筋肉が動いているかは、初心者とレベルの高い選手でかなり違う。レベルの高い選手の方が初心者よりも力のかかり始めのタイミングが全般的に早いという特徴があるが、詳細にに見ていくと、初心者が特に使えていない筋肉とタイミングの組み合わせが2種類ある。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【冬のトレーニング】2011年10月18日 19:03 閲覧数:333219

高回転トレーニングは様々な効用があるといわれている。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】2011年9月27日 18:46 閲覧数:154892

「ペダリングで引き足を使うべきなのか不要なのか?」、「引き足を強化しペダリングをスムーズにするために、パワークランクを導入したり片足ペダリングをすることは有効なのか否か?」といったことについては、様々な意見があり「サイクリスト全員が納得する統一見解」は今のところ見当たらないように思われる。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】2011年9月19日 18:17 閲覧数:147575

ロードバイクはペダルを回して力を自転車に伝えるだけのシンプルな運動だけに、そのスキルの巧拙がパフォーマンスに大きく影響するといわれている。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【空力・エアロダイナミクス・TT・下り】【速くなるためのヒント一覧】2011年9月6日 21:16 閲覧数:109409

ロードレースは、速度が上がれば上がる程、空気抵抗との闘いになる。高速域になった時、その効果の違いを実感する機材の筆頭はディープリムのホイールだろう。その中でも最高レベルのTT用ディスクホイールを使うと約50Wものパワー削減効果があるといわれている。続きを読む

<12345