もっと速くなるために参考になるじてトレ出版物の立ち読み版です。

11ページ中5ページ目

【立ち読み版】2013年6月6日 06:30 閲覧数:161191

私は、限界近く、あるいは限界を超えた走りを頻繁に行うことを勧めているのではありません。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月5日 06:30 閲覧数:163857

疲労の感覚があるときに、運動を続けるのは容易ではありません。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月4日 06:30 閲覧数:155852

疲労には、生理的なものと、神経的なものがあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月31日 06:30 閲覧数:174166

痛みや疼きが長引くようなら、自転車競技に精通しているスポーツ医や理学療法士に相談してください。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月30日 06:30 閲覧数:184068

膝蓋腱炎と脚の裏側の腱炎は、不適切なサドル高によっても生じます。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月29日 06:30 閲覧数:170257

筋肉は、腱によって骨に付着しています。サイクリストはしばしば身体の部位を酷使したことによって生じる、「腱炎」と呼ばれる症状が生じることが多いため、これを知っておくことは重要です。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月28日 06:30 閲覧数:178388

筋繊維が肥大すると、通常は多くの力を生み出せるようになります。ただし、多くの力を生み出せる能力と、筋繊維の肥大によって増加する体重の間には、トレード・オフの関係があります。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月24日 06:30 閲覧数:186565

トレーニングをすること(あるいはしないこと)によって、筋肉のサイズは変化します。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月23日 06:30 閲覧数:172405

ここで重要なのはタイプIとタイプIIA筋繊維が作用するためには、酸素の絶え間ない供給が必要であるということです。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月22日 06:30 閲覧数:167290

タイプIIの筋繊維には、タイプIIAとタイプIIBの2種類があります。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月21日 06:56 閲覧数:151707

タイプIの筋繊維は、「有酸素」あるいは「酸化的」な筋繊維として知られています。つまり、この筋繊維は酸素を使用します。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月20日 06:30 閲覧数:161127

タイプIとタイプIIの比率は、サイクリストによって異なります。この比率に最も影響を与える要因は、あなたの親です。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月17日 06:30 閲覧数:173525

トレーニングの対象となる筋繊維は、タイプI(遅筋)とタイプII(速筋)の2つに大別できます。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月16日 06:30 閲覧数:162189

筋肉は脳からの刺激に反応して、収縮・弛緩します。これらの刺激には、随意的なものと、非随意的なものがあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月15日 06:30 閲覧数:163519

非乳酸性の無酸素系では、筋肉に蓄えられたクレアチンリン酸を用いて、8秒から10秒間持続する筋肉収縮のためのエネルギーを瞬時に生み出します。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月14日 06:30 閲覧数:150259

また、無酸素系運動では、乳酸(排気ガス)が大量に生成されます。乳酸は、糖質代謝の副産物の1つだからです。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月13日 06:30 閲覧数:149830

無酸素系には、「乳酸系」と「非乳酸系」の2つのサブシステムがあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月10日 06:30 閲覧数:167355

脂肪を主なエネルギー源とする運動が必要以上に早く終わってしまうアスリートもいます。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月9日 06:30 閲覧数:150981

有酸素系は、無酸素系と違い、脂肪を燃焼(ATPに変換)できます。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月8日 06:30 閲覧数:147817

主観的運動強度も、「1、2か月前に比べて同じ強度の運動が楽に感じられるようになっているかどうか」の判断に役立ちます。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月7日 06:30 閲覧数:155213

ただし、心拍数が低くなったことが常に体力の向上を意味するとは限りません。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月6日 06:30 閲覧数:147995

有酸素系の向上は、運動に対する心拍数の反応でも測れます。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月3日 06:30 閲覧数:159178

ベーストレーニングを通じて目指すべき目標は、「有酸素系の体力を向上させて、現時点では無酸素系に大きく依存して行っている運動を、主に有酸素エネルギー系を用いて行えるようになること」です。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月2日 06:37 閲覧数:152278

有酸素系は、2分程度以上持続する運動をサポートするものであり、サイクリング活動全般の基盤となるエネルギー系です。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月1日 09:33 閲覧数:158408

アスリートが犯しやすい過ちは、無酸素系のトレーニングに多くの時間を費やし、有酸素系のトレーニングをおろそかにしてしまうことです。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月30日 06:30 閲覧数:154667

自転車レースの最中には、無酸素系のエネルギー生産が必要な、短距離かつ高強度のインターバルがかかることがよくあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月29日 06:30 閲覧数:158159

一般的に、有酸素系と無酸素系が切り替わる地点があると考えられていますが、これは誤解を生んでいます。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月26日 06:30 閲覧数:161580

またこの2つのエネルギー系には、生産できるエネルギーの量と、生産にかかる時間にも違いがあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月25日 06:16 閲覧数:146504

無酸素系がエネルギー源にできるのは、糖質(正確には、クレアチンリン酸という物質)のみです。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月24日 06:30 閲覧数:150830

体には、「有酸素系」と「無酸素系」という2つのエネルギー系があります。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月23日 06:07 閲覧数:145388

1章で述べたように、運動強度と持続時間は、使用できるエネルギー源の量によって制約を受けます。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月22日 06:32 閲覧数:152828

サイクリングなどの持久系スポーツのアスリートにとって、体内に酸素を供給し、使用する能力はパフォーマンスを制限する要素になります。しかし、筋肉や、有限のエネルギーを「どのように」「いつ」使うかも、どれだけ速く、遠くに行けるかに大きく影響します。ベーストレーニングでは、以下の領域を重点的に鍛えていきます。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月19日 06:32 閲覧数:150003

自転車を前に進めるには、ペダルを漕がなければなりません。強く、長くペダルを回し続けられるようになれば、きっとハッピーな気持ちになれるでしょう。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月18日 03:39 閲覧数:136871

主要栄養素(糖質、脂質、タンパク質)をバランス良く摂り、適切な割合の範囲内に収めるようにしましょう。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月17日 06:30 閲覧数:134031

何を食べるかは、サイクリングだけではなく、健康全体に影響します。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月16日 05:35 閲覧数:127517

タンパク質は体内に蓄えることができず、エネルギー源としても適していません。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月15日 06:30 閲覧数:147355

タンパク質は、筋肉を含む体内組織と血球の日常的な再生に不可欠であり、免疫系をサポートする役割も担っています。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月12日 05:05 閲覧数:146120

最近の研究は、脂質を多く含む食事は、トレーニング中の脂肪の代謝と使用率を高めることを示唆しています。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月11日 06:30 閲覧数:131603

すべての脂質が体にとって悪いわけではありません。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月10日 06:30 閲覧数:152656

また、体脂肪率を下げたい場合にも、ハードな練習ばかりしているよりも、中程度の強度でのゆっくりとした運動の方が効果的です。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月9日 06:30 閲覧数:139300

糖質には限りがありますが、脂肪は豊富にあるので、「できる限り脂肪を使って、糖質を節約できるようにトレーニングすること」は、合理的といえます。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月8日 06:30 閲覧数:136191

低~中程度の運動では、エネルギーの70~90パーセントが脂肪から供給されます。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月5日 06:30 閲覧数:155746

脂肪の使用比率上昇の効果 ■低~中程度の運動で脂肪の燃焼能力を高める 糖質が必要な高強度のトレーニングばかりをしていると、糖質が好んで使われるために、脂肪を燃やしにくい身体になってしまいます。 もちろん、高強度の練習が必要な時期や局面はあります。しかし、低~中程度の運動を通じて最初にベースを築くことで、脂肪の燃焼能力を高め、糖質を節約できるようになります。 ■脂肪の使用比率上昇の効果 脂肪を使う比率を高めることで、ハードな局面のために糖質を温存できるようになり、体力の限界値を押し上げることができます。 サイクリングの運動強度が上がるにつれ、糖質が使われる比率も上がっていきますが、訓練によって脂……続きを読む

【立ち読み版】2013年4月4日 05:32 閲覧数:142017

また、前述したように、脂肪をエネルギーにして運動を続けていくには、絶えず糖質を供給しなければなりません。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月3日 04:17 閲覧数:132826

脂肪は、身体全体に蓄えられた、長持ちのする燃料であり、かなりやせているアスリートの体にも豊富にあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月2日 06:30 閲覧数:121651

質のよい糖質が不足すると、免疫システムが弱まり、結果として疲れやすくなり、病気や怪我もしやすくなります。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月1日 03:30 閲覧数:125748

糖質は身体へのエネルギー源であると同時に、良質な栄養源でもあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月29日 06:30 閲覧数:143872

重要なのは、糖質を燃やすと、血液中になんらかの副産物が流れ込み、結果として筋肉収縮が妨げられ、動作が遅くなる可能性があるという点です。続きを読む

<34567>