もっと速くなるために参考になるじてトレ出版物の立ち読み版です。

11ページ中3ページ目

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月15日 00:01 閲覧数:281744

筋持久力のトレーニングは冬の半ばから、心拍数ゾーン3かCP90で数分間維持からスタートします。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月14日 00:01 閲覧数:274219

筋力と同じく、スピード・スキルを磨けばペダリング効率が上ります。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月13日 00:01 閲覧数:276982

筋力の強化は、初冬のウェイト・トレーニングから始めます。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月10日 00:01 閲覧数:278811

持久力のトレーニングでは、まず初冬にノルディック・スキーやインライン・スケートなど複数のスポーツを組み合わせた有酸素トレーニングを行います。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月9日 00:01 閲覧数:261429

前述したように、トレーニングには一般的なものから専門的なものへと移行するのが一般的なパターンです。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月8日 00:01 閲覧数:263171

また、レース特有のリミッター以外にも、レースでの目標達成を妨げる要因もあります。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月7日 00:01 閲覧数:258696

前述したように、出場するレースの種類によって、どのような強みが必要であるかや、どのような弱点がリミッターとなるかが変わります。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月6日 00:01 閲覧数:264007

リミッターに話を戻しましょう。前述したように、リミッターとは、目標とするレースに深く関連する「弱点」のことです。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月3日 00:01 閲覧数:254777

スプリント・パワーとは、最短の時間で最大の力を発揮する能力のことです。スプリント・パワーは、基礎能力の「筋力」と「スピード・スキル」が組み合わさったものです。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月2日 00:00 閲覧数:250844

無酸素持久力とは、重いギアを高ケイデンスで回した時の疲労に耐える能力のことです。優れたアスリートは、「スピード・スキル」と「持久力」の組み合わせでこの能力を発揮します。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月1日 00:01 閲覧数:286071

筋持久力とは、長時間にわたり高負荷に耐える筋肉の能力のことで、基礎能力の「筋力」と「持久力」が組み合わさったものです。サイクリングでいう筋持久力とは、長時間、重いギアを回し続ける能力を指します。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年9月30日 00:01 閲覧数:245237

スピード・スキルとは、素早く効率的に動く能力のことです。スピード・スキルが優れた選手は高速でもペダルをスムーズに回すことができ、無駄のない動きで機敏にコーナリングできます。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年9月29日 00:01 閲覧数:246725

筋力は、抵抗に打ち勝つ能力のことです。サイクリングでは、上り坂や向かい風の中を走行する時にこの能力が必要になります。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年9月26日 00:01 閲覧数:251603

持久力とは、疲労の発生を遅らせて運動を継続する能力のことです。本書では特に、「有酸素レベルでの運動」について使用します。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年9月25日 00:01 閲覧数:247367

レース・パフォーマンスは、自分の強みがレースで必要な能力と重なっているかが大きく影響します。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2014年3月19日 15:10 閲覧数:673175

クリテリウム形式のコースで、コーナーを抜ける度に10秒のスプリントを15~30回行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2014年2月28日 15:00 閲覧数:533944

15~30分間ウォーミング・アップをした後、平坦なコースで8マイル(約12.8km)のタイム・トライアルを実施します。続きを読む

【初心者のためのヒント】【立ち読み版】【速くなるためのヒント一覧】2014年2月20日 06:40 閲覧数:592599

前述したトレーニング理念をよく理解していたただけるよう、10項目の指針からなる「トレーニング十則」を作成しました。この指針を日頃の考えや実際のトレーニングに取り入れることで、トレーニング理念を実践でき、労力に対して大きな見返りが得られるようになるでしょう。効果は、年齢や経験に関係なく期待できます。続きを読む

【トレーニングメニュー】【冬のトレーニング】【立ち読み版】2014年2月14日 12:50 閲覧数:706205

このテストはインドア・トレーナーの後輪に計測機材をつけて行うか、コンピュトレーナーを使うとよいでしょう。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2014年2月12日 15:47 閲覧数:608822

ウォーミング・アップをした後、カーブに縁石があり、コーナー付近に障害物がなく、交通量の少ないコースで、25~35秒のスプリントを6~9回行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2014年1月29日 15:00 閲覧数:823338

しっかりウォーミング・アップをした後、練習のはじめに、傾斜が4~6%の坂で、20秒のスプリントを6~9本行います。続きを読む

【初心者のためのヒント】【期分け・練習計画】【立ち読み版】【筋トレ・ストレッチ】2014年1月29日 05:45 閲覧数:824851

基礎体力を養成する時期は、慎重にトレーニングすることが何よりも大切です。この時期での高強度の練習や過度な練習量は、逆効果になってしまいます。では、何を基準に適度な練習を判断すればよいのでしょうか。トレーニング1年目のヒントを紹介します。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【立ち読み版】2014年1月21日 05:45 閲覧数:446456

1969年、オーストラリアのデレク・クレイトンはその後1981年まで破られなかったマラソンの世界最高記録、2時間8分34秒を打ち立てました。しかし驚くべきことにクレイトンのVO2maxはわずか69.7ml/kg/分(体重1kgあたり1分間に利用できる酸素量)だったのです。これは、世界の一線級の選手から見れば、歩行者とも言える値であり、同じころに活躍したほかの選手に比べ、かなり見劣りのするものでした。続きを読む

【初心者のためのヒント】【立ち読み版】2014年1月16日 06:41 閲覧数:367607

サイクリングに真剣に取り組み始めて3年未満の人は、年齢に関係なく初心者といえます。競技に打ち込む理由に関わらず、大事なのは成功するために必要なものが何かを学ぶことです。特に重要なのが、自転車での成功のカギを握る要素を理解することです。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年1月8日 15:00 閲覧数:397984

スポーツについては、さまざまなことが語られ、読者のみなさんも見聞きしてきたと思いますが、成功の「秘密」というものは存在しません。エリート選手やコーチのなかには「最新かつ最高のトレーニング法」を発見したと思い込んでいる人もいますが、一つとして新しいことはありません。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2014年1月7日 17:00 閲覧数:529951

しっかりウォーミング・アップをした後、練習のはじめに、インドア・トレーナーか実走で15~25回ダッシュし、瞬発的なパワーを強化します。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【立ち読み版】2014年1月3日 13:48 閲覧数:467840

マルチスポーツの選手の多くが目指すゴールは3つです。それは、より遠くに移動する能力、より速く移動するテクニック、そしてより遠くかつより速く、潰れることなく移動するスタミナです。これを1つに絞れば、一定距離をより速くスイム、バイク、ランで移動するテクニックになります。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年12月31日 12:54 閲覧数:818658

しっかりウォーミング・アップをした後、傾斜が6~8%の坂で、90秒走を4~8回繰り返します。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年12月27日 15:00 閲覧数:780304

平坦路か勾配がゆるやかな上り、または向かい風を利用して行います。続きを読む

【ペダリング・ポジション・スキル】【立ち読み版】2013年12月26日 15:00 閲覧数:400101

一定の最大下速度で走行する時、一流サイクリストの酸素の消費量は、アマチュア・アスリートよりも少なくなります。エリート選手は、少ないエネルギーで、アマチュア選手と同じ力を発揮できるのです。これは、自動車の購入時に気になる、車の燃費効率と同じです。少ない燃料で同じパワーを発揮できる方が、当然、レースでは有利になります。

研究は、持久系スポーツの選手のエコノミーが向上する条件として次を挙げています。

続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年12月24日 15:22 閲覧数:730299

しっかりウォーミング・アップをした後、傾斜が6 ~ 8%、上り切るまでに3 ~ 4 分かかる坂を5 回上ります。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2013年12月18日 17:08 閲覧数:500061

AE インターバルとほぼ同じですが、インターバルの時間を1 分、2 分、3分、4 分、4 分、3 分、2 分、1 分と変えながら、ゾーン5b まで上げていきます。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2013年12月16日 16:55 閲覧数:444188

ほぼ平坦で、交通量の少ない、ノンストップで走り続けることができるコースで行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2013年12月13日 17:00 閲覧数:452962

練習意欲があるかないかに関わらず、まずは集団走行をする練習会に参加します。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2013年12月11日 17:07 閲覧数:503950

ほぼ平坦で、交通量が少なく、ノンストップで走り続けることができるコースで行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2013年12月6日 15:14 閲覧数:512043

ほぼ平坦で、交通量が少なく、ノンストップで走り続けることができるコースで行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年12月4日 17:00 閲覧数:708525

M2 のクルーズ・インターバルとほぼ同じですが、このメニューは勾配が2~4%の長い上りで行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2013年11月29日 14:30 閲覧数:517101

平坦なコースかインドア・トレーナーで、6~12 分間のインターバルを3~5回行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2013年11月27日 11:31 閲覧数:477575

ほぼ平坦なコースかインドア・トレーナーで、ゾーン3を維持しながらタイム・トライアルのケイデンスで走行します。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ペダリング・ポジション・スキル】【立ち読み版】2013年11月25日 14:30 閲覧数:523307

有酸素走ペースでの走行の合間に、10 ~ 15 秒のレース・レベルのスプリントを繰り返します。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ペダリング・ポジション・スキル】【立ち読み版】2013年11月20日 14:30 閲覧数:495343

勾配のゆるやかな下り坂か追い風を利用して、6 ~ 10 回スプリントをします。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2013年11月18日 14:30 閲覧数:347732

硬くて草の生えた野原をゆっくり走りながら、練習相手と体を接触させる練習をします。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2013年11月13日 08:33 閲覧数:366583

路面がきれいで直角コーナーのある、縁石のついた道で、コーナリングを練習します。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ペダリング・ポジション・スキル】【立ち読み版】2013年11月11日 17:00 閲覧数:489147

下り坂か負荷を軽めにしたインドア・トレーナーで行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2013年11月7日 14:30 閲覧数:408270

下り坂か負荷を軽めにしたインドア・トレーナーで行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年11月4日 12:58 閲覧数:717868

傾斜が8% 以上、上り切るまでに2 分かからない、勾配のきつい坂で行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年10月31日 09:40 閲覧数:740599

傾斜が最大8%、上り切るまでに6 分以上かかる長い坂で行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年10月29日 04:00 閲覧数:677161

傾斜が最大6%、最長3分で上り切れる坂で行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2013年10月25日 14:41 閲覧数:389936

小さいチェーンリング(39 ~ 42)と大きなコグ(15 ~ 19)を用いて、自分の筋力に合ったギアを設定します。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2013年10月21日 04:00 閲覧数:313971

3 時間の練習を1 回するよりも、同じ日に90 分の練習を2 回する方が効果的なのでしょうか?その答えは、練習の目的によって変わります。続きを読む

<12345>