もっと速くなるために参考になるじてトレ出版物の立ち読み版です。

11ページ中4ページ目

【立ち読み版】2013年7月30日 06:30 閲覧数:197589

食事の回数を増やすことで、代謝を向上できる場合があります。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月29日 06:30 閲覧数:191602

私が指導したアスリートでも、レース中のカロリー摂取量を増やすことによって、単独の24時間マウンテン・バイクレースのようなウルトラ系の持久系レースでのパフォーマンスが向上したケースがあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月26日 06:30 閲覧数:200377

トレーニングの前、最中、後に食事をする習慣を身につけることで、ベーストレーニングの数週間後に控えているハードなトレーニングやレース期間での栄養のニーズを満たしやすくなります。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月25日 06:30 閲覧数:192039

適切な水分補給状態を保つために、たくさんの水を飲むことを習慣化しましょう。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月24日 06:30 閲覧数:193857

毎日のカルシウム摂取は、強い骨の維持と、筋肉収縮、神経インパルスに不可欠です。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月23日 06:30 閲覧数:198697

体は、摂取した鉄分のうち、ごくわずかしか吸収できないため、食事に十分な量の鉄分を含めることは不可欠です。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月22日 06:30 閲覧数:183110

鉄分は、身体が酸素を運ぶ能力に重要な役割を果たしているため、とても大切です。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月19日 06:30 閲覧数:188560

タンパク質は、日々の身体組織の修復と免疫系の働きのために不可欠です。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月18日 06:30 閲覧数:169513

一部の研究は、脂肪を含む食べ物を少し増やすことで、脂肪の燃焼が増えることを示唆しています。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月17日 06:30 閲覧数:175431

毎日、健康によい、良質の脂質を摂りましょう。身体は日々、新しい細胞を作り、免疫系を支えるために、これらの脂質を必要としています。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月16日 06:30 閲覧数:171224

いろいろな食物を採るための方法の1つは、新鮮な野菜を蒸すことです。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月15日 06:30 閲覧数:153615

日々のカロリー摂取の45~60パーセントは、糖質から摂るようにします。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月12日 06:30 閲覧数:166852

前に述べたとおり、摂取するカロリーの質を考慮することは重要です。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月11日 06:30 閲覧数:159407

毎日、体重を測定するのなら、朝目を覚まし、トイレに行った後に体重計に乗るようにして、毎日同じ条件で測定できるようにしましょう。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月10日 06:30 閲覧数:201763

毎日、同程度の量のカロリーを摂取するアスリートは少なくありません。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月9日 06:30 閲覧数:169982

私はカロリー制限を、TDEEの概算値の300kcal以内に抑えることを推奨しています。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月8日 06:30 閲覧数:208595

体重を減らすことが目標である場合、1週間に体脂肪を1ポンド(約450g)減らすために、1日に最大500kcalを減らします。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月5日 06:30 閲覧数:162149

ワーメーターを使っている場合は、キロジュールをカロリー消費量の目安にします。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月4日 06:30 閲覧数:159474

パワーメーターのデータファイルを分析して、運動中の燃焼カロリーの糖質と脂肪の割合の概算値を導けるソフトウェアもあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月3日 06:30 閲覧数:153133

摂取カロリーは、1日のエネルギー消費量(TDEE)と比較する必要があります。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月2日 06:30 閲覧数:154956

摂取カロリーは、1日のエネルギー消費量(TDEE)と比較する必要があります。続きを読む

【立ち読み版】2013年7月1日 06:30 閲覧数:142758

この時期は、毎日のカロリー摂取量の記録を始めるにはよいタイミングです。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月28日 06:30 閲覧数:176921

ただし、不要な筋肉量を減らすことが、適切な場合があります。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月27日 06:30 閲覧数:158957

体重は減っているが、体脂肪率が同じか増えていたら、筋肉量が減っていることが考えられます。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月26日 06:30 閲覧数:156807

目標体重に近づいたら、体組成の変化を知るために、再度検査を受けます。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月25日 06:30 閲覧数:165425

自転車競技は他の多くのスポーツと同じく、アスリートの体重に非現実的な値が期待されることがあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月24日 06:30 閲覧数:170210

脂肪はどこまでも削れるわけではありません。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月21日 06:30 閲覧数:179335

バスルームに置いてある一般向けの体重計の体脂肪率測定機能は、通常はアスリートにとっては十分に正確ではなく、体内の水分量によっても測定値は変動します。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月20日 06:30 閲覧数:162336

まず体組成を測定し、代謝的に不活性な組織(または体脂肪)に対する、除脂肪体重(LBM)のベースラインを明確にします。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月19日 06:30 閲覧数:155335

また、食事の内容を見直し、全般的な栄養を改善するための一歩を踏み出す良い時期にもなります。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月17日 06:30 閲覧数:152470

サイクリングは重力に影響を受けます、そのため、特に登坂時には、体重が大きな意味を持ちます。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月14日 06:30 閲覧数:175359

ベーストレーニングの時期には、よい食習慣によって、体に良い変化をもたらすことや、適切な体組成を維持することに目を向けましょう。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月13日 06:30 閲覧数:152034

乳酸は、糖質代謝の副産物として分泌されます。近年まで、乳酸は副産物ではなく老廃物であり、私たちのパフォーマンスを妨げ、運動を停止させるものだと信じられていました。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月12日 06:30 閲覧数:149004

逆に、無酸素系が求められる強度での運動が多すぎると、体は無酸素系を選ぶようになります。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月11日 06:30 閲覧数:161521

筋肉の収縮には、神経的、生理的なプロセスが必要になります。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月10日 06:30 閲覧数:150233

体は、休息時にも燃料を燃やしています。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月6日 06:30 閲覧数:156227

私は、限界近く、あるいは限界を超えた走りを頻繁に行うことを勧めているのではありません。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月5日 06:30 閲覧数:158406

疲労の感覚があるときに、運動を続けるのは容易ではありません。続きを読む

【立ち読み版】2013年6月4日 06:30 閲覧数:151066

疲労には、生理的なものと、神経的なものがあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月31日 06:30 閲覧数:169604

痛みや疼きが長引くようなら、自転車競技に精通しているスポーツ医や理学療法士に相談してください。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月30日 06:30 閲覧数:178475

膝蓋腱炎と脚の裏側の腱炎は、不適切なサドル高によっても生じます。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月29日 06:30 閲覧数:164745

筋肉は、腱によって骨に付着しています。サイクリストはしばしば身体の部位を酷使したことによって生じる、「腱炎」と呼ばれる症状が生じることが多いため、これを知っておくことは重要です。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月28日 06:30 閲覧数:172667

筋繊維が肥大すると、通常は多くの力を生み出せるようになります。ただし、多くの力を生み出せる能力と、筋繊維の肥大によって増加する体重の間には、トレード・オフの関係があります。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月24日 06:30 閲覧数:181447

トレーニングをすること(あるいはしないこと)によって、筋肉のサイズは変化します。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月23日 06:30 閲覧数:167439

ここで重要なのはタイプIとタイプIIA筋繊維が作用するためには、酸素の絶え間ない供給が必要であるということです。続きを読む

【立ち読み版】2013年5月22日 06:30 閲覧数:162330

タイプIIの筋繊維には、タイプIIAとタイプIIBの2種類があります。続きを読む

<23456>