3ページ中3ページ目

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年12月31日 12:54 閲覧数:814195

しっかりウォーミング・アップをした後、傾斜が6~8%の坂で、90秒走を4~8回繰り返します。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年12月27日 15:00 閲覧数:775397

平坦路か勾配がゆるやかな上り、または向かい風を利用して行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年12月24日 15:22 閲覧数:727385

しっかりウォーミング・アップをした後、傾斜が6 ~ 8%、上り切るまでに3 ~ 4 分かかる坂を5 回上ります。続きを読む

【パワトレ機材まとめ】【パワトレ機材・ソフト】【ヒルクライム・上り】【ペダリング・ポジション・スキル】【レース対策情報・レース戦術】【空力・エアロダイナミクス・TT・下り】2013年12月19日 13:59 閲覧数:970401

エキップアサダの浅田顕監督と、Blue Wych の代表である柿木克之工学博士による、パイオニア、ペダリングモニターシステムを活用した実践的なペダリングのポイントや検証結果などが紹介されています。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年12月4日 17:00 閲覧数:705040

M2 のクルーズ・インターバルとほぼ同じですが、このメニューは勾配が2~4%の長い上りで行います。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【ヒルクライム・上り】【プロ選手のパワー情報】2013年11月13日 06:00 閲覧数:443723

ツール・ド・フランスにおける総合(個人総合)順位の決まり方、コース種類ごとの特徴や活躍する選手のタイプ、総合争いに必要な身体能力*など紹介のYouTube動画です。

*パワー・ウェイト・レシオの「マジック・ナンバー」は6W/kgで、総合争いに絡むには、この数字をステージの最終局面で約40分間維持できる身体能力が必要といわれている。

続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年11月4日 12:58 閲覧数:711479

傾斜が8% 以上、上り切るまでに2 分かからない、勾配のきつい坂で行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年10月31日 09:40 閲覧数:735770

傾斜が最大8%、上り切るまでに6 分以上かかる長い坂で行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【立ち読み版】2013年10月29日 04:00 閲覧数:673020

傾斜が最大6%、最長3分で上り切れる坂で行います。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【ヒルクライム・上り】【レース対策情報・レース戦術】2013年9月9日 06:00 閲覧数:542575

プロに学ぶつづら折りの上り方紹介のYouTube動画です。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【ヒルクライム・上り】【レース対策情報・レース戦術】【筋トレ・ストレッチ】2013年3月29日 06:08 閲覧数:1053110

プロの事例を交えた激坂を上る時のコツ紹介のYouTube動画です。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【ヒルクライム・上り】2013年2月15日 06:00 閲覧数:449586

ヒルクライムのコツ紹介のYouTube動画です。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】2012年10月22日 06:00 閲覧数:654502

筋力とパワー強化のためのヒル・リピートの練習方法説明のYouTube動画です。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】2012年9月24日 07:00 閲覧数:599456

ロード・レースでは、比較的短めの坂での出力の優劣が勝負の分かれ目になることが少なくない。今回は『WORKOUTS -IN A BINDER- For Indoor Cycling』を参考に、ローラで行う、上り強化用の「ヒル・インターバル」を紹介する。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【ヒルクライム・上り】2012年8月29日 07:00 閲覧数:378231

上りのコツ紹介のYouTube動画です(1990~1999年のツール・ド・フランスの名場面が使われています)。続きを読む

【ヒルクライム・上り】【疲労・回復・睡眠】2012年8月24日 07:00 閲覧数:756110

疲労のメカニズムはまだ完全には解明されていないといわれている。TV番組で「FFという疲労物質が見つかった」との報道があったが「これで疲労の全て解明された」と考えるのは早計かも知れない。「疲労に関係すると言われている物質の増減(筋肉の疲労)と疲労感(脳の疲労)は必ずしも一致しない」との研究結果もあり、疲労は複雑なメカニズムにより起こっているというのが実際のようだ。この「疲労感(脳の疲労)」については「4分の3理論」という興味深い説がある。続きを読む

【ヒルクライム・上り】2012年8月21日 07:00 閲覧数:316041

ヒルクライムの場合、体重や機材の重量が同じでよほど風が強くない限りは、パワーが高いほどタイムが短縮する。これは、パワーを縦軸に・タイムを横軸にしたグラフにこれらのデータを落とし込んでみるとほぼ直線関係になることからも確かめられる。今回はこのパワーとタイムの直線関係を利用した、「ヒルクライムのタイムとパワー予測シート」を紹介する。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【ヒルクライム・上り】【初心者のためのヒント】2012年8月14日 07:00 閲覧数:438662

クライミングの練習方法やコツが、わかりやすいアニメと字幕(英語)で紹介されているYouTube動画です。続きを読む

【サプリ・食事・補給】【ヒルクライム・上り】【レース対策情報・レース戦術】2012年8月9日 07:00 閲覧数:523000

グリコーゲン・ローディングの手法は1960年代から研究されているが、その間に新しい手法が編み出されたり、その効果や限界点についても明らかになりつつある(ただし科学的に結論が出ていない点もある)。今回は、グリコーゲン・ローディングの方法・効果・注意点などについての新旧を含めたさまざまな情報を整理した。続きを読む

【ヒルクライム・上り】【レース対策情報・レース戦術】2012年7月31日 07:00 閲覧数:340164

レース中に速いペースが続きボトルを取れない状況や、タイムトライアルやヒルクライムでそもそもボトルを持たないレースの最中に、口がカラカラに渇き不快な思いを経験したことはないだろうか。口が渇いてしまうとそれが気になって集中力が欠けてしまいパフォーマンスが落ちるリスクがあるが、この口の渇きを緩和する実にかんたんなテクニックがある。それは、次のような方法だ。続きを読む

【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【筋トレ・ストレッチ】2012年7月9日 07:00 閲覧数:989218

低ケイデンスで重いギアを回すトレーニングは、「筋トレ」の一形態として多くのコーチがすすめるメニューのひとつだ。今回はbiketrainigtips.comを参考に「低ケイデンス・ペダリング・トレーニング」を紹介する。続きを読む

【ヒルクライム・上り】【プロ選手のパワー情報】【速くなるためのヒント一覧】2012年6月13日 07:00 閲覧数:290676

以前、一流ロード・レーサーの「平均値」との体組成を比較する方法を紹介したが、実際は「クライマー」「スプリンター」「オールラウンダー」の脚質などにより体組成はかなり変わってくる。そこで個別の有名選手の体組成と比較できるシートを作成した。今回は、今なおカリスマ的なクライマーとして絶大な人気を誇るマルコ・パンターニとの体組成比較シートを紹介する。続きを読む

【ヒルクライム・上り】【レース対策情報・レース戦術】2012年5月31日 07:00 閲覧数:324313

ロード・レースでのパフォーマンスに大きく影響すると考えられる指標のひとつにパワー・ウェイト・レシオ(PWR)がある。これは体重1㎏あたりどれだけのパワー(W)を出せるかを表したもので、「W/㎏」や「体重の~倍」 のように記載されることが多い。なぜPWRがそれほど重要になるのだろうか。それは、他の条件が同じ場合、ある持続時間でのPWRが高いほど速く走れるからだ。また、アップ・ダウンの多いコースでのレースでは、登坂能力が勝負を分けることが多いが、それをもっとも正確に表すの指標がPWRである点も挙げられるだろう。今回はPWRの高さを最大限活かすための戦術と、それへの対抗策を『The Time-Crunched Cyclist』や『Cutting-Edge Cycling 』を参考に紹介する。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【レース対策情報・レース戦術】2012年3月29日 07:00 閲覧数:1084847

ロード・レースのプロ選手のブログには、残念ながらあまり具体的な練習方法が書かれていない場合が多い(一部の方を除く)。他方、2011年2月2日の畑中勇介選手(SHIMANO Racing)のブログには、読者からの質問に対する回答の中で、基本的な練習方法がひじょうに丁寧に具体例をまじえて紹介されている。今回は、その概略を一部補足を交えて紹介する(オリジナルのブログもひじょうに読みやすいのでおすすめです)。続きを読む

【おすすめ動画】【おすすめ動画一覧】【トレーニングメニュー】【ヒルクライム・上り】【筋トレ・ストレッチ】2012年3月29日 07:00 閲覧数:858151

ランス・アームストロングの筋トレコーチによる、クライム能力向上のための筋トレ動画です。アームストロングが登坂時のパワー向上のために取り組んだメニューが、わかりやすい動画で紹介されています。続きを読む

【ヒルクライム・上り】【空力・エアロダイナミクス・TT・下り】2012年2月14日 16:50 閲覧数:225286

一流プロとの体組成比較シリーズの第8弾、今回はクライマー型オールラウンダーであるアンディ・シュレクとの体組成比較シートを紹介する。続きを読む

【ヒルクライム・上り】【空力・エアロダイナミクス・TT・下り】2012年2月5日 16:39 閲覧数:215545

一流プロとの体組成比較シリーズ、今回は先日行われたTour de San Luis において得意の個人TTで他を圧倒しコンタドール・ニーバリ・ボーネンといった強豪選手を抑えて総合優勝したリーヴァイ・ライプハイマー(Levi Leipheimer)との体組成比較シートを紹介する。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【ヒルクライム・上り】【空力・エアロダイナミクス・TT・下り】2011年12月1日 16:58 閲覧数:788057

山岳ステージとタイム・トライアルはステージ・レースにおいて大きなタイム差がつきやすく、ステージ全体の勝敗の分かれ目になることが多い。どちらも求められる運動能力は同じようなものではないかと思えるかも知れないが、トップ・クラスの選手の調査・研究結果では、両者には多くの相違点があることが示されている。続きを読む

【ヒルクライム・上り】【筋トレ・ストレッチ】2011年10月25日 19:18 閲覧数:561288

パワー・メーターで最高出力の計測にチャレンジしてみると、重いギアよりは比較的軽いギアを高速で回した時の方が高いパワーが出やすいことが実感できるだろう。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【ヒルクライム・上り】2011年9月21日 18:22 閲覧数:544583

パワーの絶対値は体重に比例して大きくなる傾向があるので、本当の実力を計る物差しとしては優れている指標に、体重1㎏あたりの出力であるパワー・ウェイトレシオ(単位:W/kg )がある。続きを読む

【ヒルクライム・上り】【速くなるためのヒント一覧】2011年9月4日 19:52 閲覧数:148594

ローラーで練習すると、信号や風や地形の変化といったものの影響を全く受けずに、狙った通りのワットと持続時間でトレーニングできるので、練習効率が極めて高い。続きを読む

<123