4ページ中4ページ目

【初心者のためのヒント】【期分け・練習計画】2011年11月15日 18:46 閲覧数:376646

ロードバイクでいちばん大切なのは持久力ですが、これはそう簡単に高いレベルまで上がりません。少しずつ地道に練習を積み重ねる中で、少しずつのびていきます。続きを読む

【わかる パワートレーニング!】【期分け・練習計画】【速くなるためのヒント一覧】2011年11月8日 20:51 閲覧数:113256

10年前までは、トレーニング方法の進歩や改善は、選手やコーチが自ら創意工夫して生み出すことがほとんどだった。しかしここ10年は、科学的なアプローチがトレーニング方法に大きな変革をもたらす傾向が続いているといわれている。続きを読む

【初心者のためのヒント】【期分け・練習計画】2011年11月8日 17:41 閲覧数:251669

LSDなどにより持久力のベースができたところで、レースで必要となる強度に耐えれる体をつくるために、練習強度を少しずつ上げて行きます。続きを読む

【期分け・練習計画】【速くなるためのヒント一覧】2011年11月5日 07:00 閲覧数:84752

「昔は陸上の短距離走が速かったのに、ロード・レースのゴール・スプリントではいまいち力を発揮できない」というケースが時々ある。この原因は、単純にスプリント練習が不足している場合もあるが、ロード・レースで最重要となる持久力を鍛えるために長距離を走り込みすぎた結果、筋肉の種類が変わったことが原因になっている場合もある。続きを読む

【初心者のためのヒント】【期分け・練習計画】2011年11月3日 17:06 閲覧数:242630

ロードレースのシーズンは、そろそろ終わりに近づいています。人によってはもうオフシーズンに入って、厳しい練習をせずに少し自転車から離れて別のスポーツをしたり、レースシーズンにはできないサイクリングのような景色を楽しむような走り方を始めている人もいます。個人差はもちろんありますが、だいたいのロードレーサーは、次のような感じで1年間を組み立てています。続きを読む

【期分け・練習計画】2011年11月1日 19:34 閲覧数:137263

今やっているトレーニングの効果がいつごろ出るかが、気になったことはないだろうか。「今からこのトレーニングを始めて、次のレースに間に合うのだろうか?」「今から追い込んだ練習をやってしまうと、レース前の早すぎるタイミングでピークが来てしまわないだろうか?」といったことは、特に目標のレースが迫っている場合かなりシビアな問題に思えるかも知れない。続きを読む

【期分け・練習計画】2011年10月21日 16:30 閲覧数:122350

ロードレースでは、持久力・LTの高さ・スプリント能力など様々な能力が求められる。これらを一度にまとめて鍛えるようとしても無理なので「期間ごとに特定の能力を集中的に練習してレベルアップさせ、その間他の能力は維持する程度にとどめる」というのがピリオダイゼーション(期分け)だ。これにより各方面の力をバランスよく高め、高い総合力を身に着けることができると共に、ピーク調整も比較的かんたんになる。続きを読む

【期分け・練習計画】2011年10月5日 18:32 閲覧数:64778

本や雑誌に書かれた言葉は大きな助けになるが、実際にコーチと一緒に練習すれば、それ以上の成果が得られる可能性もある。しかし日本ではサイクリスト向けのコーチはまだ多くはないので、初心者であれば近くのチーム(ショップ主催のチームなど)に連絡を取り、一緒に喜んで教えてくれるコーチにつくことが現実的かも知れない。続きを読む

【期分け・練習計画】2011年10月4日 20:30 閲覧数:70463

サイクリングの習熟に要する期間を調査した資料によると、トレーニング開始後7年間は身体能力が改善すると考えられている。この間にトレーニングやレースに関する方法論を学び、生活習慣も変えていくことになる。7年経過後も、その後少なくとも3年間はパフォーマンスの向上は継続し、この傾向は何歳でトレーニングを開始したかには関係なくあてはまるといわれている。続きを読む

【FTP・LT・VO2max】【期分け・練習計画】2011年9月28日 18:49 閲覧数:366615

無酸素トレーニング(持続時間2分以内のインターバル<ソリア>やスプリント練)は、心身に大きな負担がかかり、やり方を間違えると意味がないばかりか危険な場合もある。続きを読む

【レース対策情報・レース戦術】【期分け・練習計画】2011年9月20日 18:20 閲覧数:145009

パワー トレーニング バイブルの著者が、200名の選手に自己ベストのパワーが出た際のTSB(トレーニング・ストレス・バランス)を聞き取り調査したところ、持続時間が5分未満の運動については、TSBがプラス寄り(疲労が抜けた状態の時)にベストが出る傾向にあることが明確に確認された。続きを読む

<1234