もっと速くなるために参考になるじてトレ出版物の立ち読み版です。

11ページ中6ページ目

【立ち読み版】2013年4月3日 04:17 閲覧数:133216

脂肪は、身体全体に蓄えられた、長持ちのする燃料であり、かなりやせているアスリートの体にも豊富にあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月2日 06:30 閲覧数:121986

質のよい糖質が不足すると、免疫システムが弱まり、結果として疲れやすくなり、病気や怪我もしやすくなります。続きを読む

【立ち読み版】2013年4月1日 03:30 閲覧数:126048

糖質は身体へのエネルギー源であると同時に、良質な栄養源でもあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月29日 06:30 閲覧数:144206

重要なのは、糖質を燃やすと、血液中になんらかの副産物が流れ込み、結果として筋肉収縮が妨げられ、動作が遅くなる可能性があるという点です。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月28日 06:30 閲覧数:134047

糖質には、体内に蓄えられる量が限られていること以外にも、制約となる点があります。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月27日 06:30 閲覧数:124166

一定の運動を行うために必要な糖質エネルギーは、いくつかの要因によって変わります。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月26日 06:30 閲覧数:132116

サイクリストがよく口にする、「ハンガーノック」という用語が指しているのは、それまで行っていた運動を続けるために必要な糖質エネルギーが、底を尽きてしまった状態です。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月25日 06:30 閲覧数:130990

高強度または長時間のサイクリングの前、最中、後には、糖質を補充しなければなりません。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月22日 06:30 閲覧数:143272

身体に蓄えられる糖質(筋肉や肝臓にグリコーゲンとして、血液中にグリコースとして)の量には、常に限りがあります。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月21日 06:30 閲覧数:128560

血液内を移動するサイズの小さな糖質のことをグルコースと呼びます。血液内のグルコース量は、「血糖値」とも呼ばれます。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月20日 06:30 閲覧数:123251

トレーニング内容によって、「筋肉をどう動かし、結果として糖質がどう使われるか」が大きく変わります。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月19日 06:30 閲覧数:111865

糖質は、蓄えられる量に限りがあるとはいえ、強力なエネルギー源で、筋肉収縮のエネルギーに素早く変換できます。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月18日 06:30 閲覧数:111297

サイクリングで優先的に使われるエネルギー源は、運動強度によって変化します。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月15日 06:30 閲覧数:122994

車のイグニッションキーを回してエンジンを作動させるには、燃料(ガソリン、ディーゼル、あるいは発酵させた有機肥料)をエンジンに送り込まなければなりません。点火プラグがスパークして火花が発生しても、燃料タンクが空であれば、着火しません。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月14日 06:30 閲覧数:116823

本書では、サイクリストとってメリットがあるさまざまテーマを取り上げます。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月13日 06:30 閲覧数:117258

第4部「エンジンの強化」では、サイクリストとしての実力アップのために、基礎能力の各要素を詳細に説明していきます。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月12日 06:30 閲覧数:112923

第3部、「年間トレーニング計画の作成」では、シーズン全体を通して、ある特定のレースに向けてよりよい準備をするための、年間トレーニング計画の作成方法について解説します。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月11日 06:30 閲覧数:120221

第2部、「エンジンの診断」では、トレーニング内容の決め方について説明します。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月8日 06:30 閲覧数:133327

第1部、「サイクリストのエンジン」では、身体がエネルギーを使う仕組みを説明します。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月7日 06:30 閲覧数:122014

『ベース・ビルディング・フォー・サイクリスト』では、体のエコノミー(経済性)を高めて、同じ運動を少ないエネルギーや燃料で行えるようにするためのトレーニング方法を紹介します。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月6日 06:30 閲覧数:127087

私はよく、「(たった)1年間のトレーニングで、最高レベルのサイクリストになりたい」という相談を受けます。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月5日 06:30 閲覧数:126015

長い距離を乗り込むことで、トレーニング効果を出せると考えている選手も多いでしょう。もちろん、それで実際に効果が出せる選手もいます。しかし意外にも、距離を短くすることが効果的な場合もあるのです。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月4日 06:30 閲覧数:130670

常にハードなトレーニングをしていたら、いつまでたっても潜在能力を限界まで引き出せません。続きを読む

【立ち読み版】2013年3月1日 06:05 閲覧数:132548

明確な計画を立てずに、ただ外に出て自転車に乗るだけでも、ある程度、体力を上げることはできるでしょう。しかし、その方法では早く上限に達してしまい、体力を潜在力の最大まで高める前に、向上がストップしてしまいます。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月28日 06:30 閲覧数:127025

ベース・ビルディング(基礎能力の養成)で何が必要になるかは、住んでいる地域の地形や気候、経験、個人的な強みとリミッター(制限要素)、目標などに応じて、サイクリストによって変わってきます。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月27日 06:30 閲覧数:130430

ベースト・レーニング期に集中的に取り組む体力要素は、高強度のトレーニングやレースを開始する前に、それらを支えられるようになっていなければなりません。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月26日 06:34 閲覧数:141821

すべてのサイクリストには、「体力の上限」があります。これは、毎年そのサイクリストが到達する、自らの体力の最高レベルです。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月25日 06:30 閲覧数:138158

1995年、『サイクリスト・トレーニング・バイブル』を執筆しました。執筆の主目的は、自分自身の理解を深めるためでした。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:18 閲覧数:38358

現在では、さまざまなコンピューター・ソフトを利用して、パワー・メーターや心拍数計、GPSなどのデバイスからダウンロードしたデータを分析することができます。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:16 閲覧数:36275

トレーニングにトラブルはつきものですが、何らかの問題が起きたとき、トレーニングへの影響が最小限になるよう対策を講じ、できるだけ早く通常のトレーニングに戻るために最善を尽くすことが重要です。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:15 閲覧数:33884

さて、必要な情報はすべて記録しました。では、これをどのように活用したらよいのでしょうか?続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:14 閲覧数:39428

次の週で達成すべきことが決まったら、そのための練習内容と実施する日を決めます。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:13 閲覧数:34052

トレーニング日誌は計画を立てるツールとして非常に役立ちますが、実際にプランニングに利用している人はほとんどいません。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:12 閲覧数:35958

上に挙げた以外にも、時おり日誌に記録しておくべき情報があります。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:11 閲覧数:34724

ほとんどの選手はトレーニングを単に身体的な活動ととらえ、思考や感情に関してはおろそかにしています。しかしトレーニングをするうえで、感情が最も有効な判断材料となるときも少なくありません。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:10 閲覧数:36445

さらに心拍計のデータを記録します。これは、各トレーニングゾーンで何分間運動したか、という表記になるでしょう。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:09 閲覧数:33283

練習中は、自分の感覚によく耳を澄ませましょう。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:08 閲覧数:35758

基本的な記入事項は、記録・分析がしやすいように、簡潔明瞭にしましょう。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:07 閲覧数:39323

心拍数のほかの警告サインには体重の変動があります。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:06 閲覧数:42759

起床時の心拍数と体重も、体の状況がよくわかる指標です。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:05 閲覧数:38826

ベルリンの壁崩壊後、旧東独でオリンピック選手のトレーニングプログラムを管理していた担当者の1人が米国にわたり、旧東欧諸国の選手がしてきたことを明かしてくれました。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:04 閲覧数:36705

以下に紹介するのは、情報収集の一般的な枠組みを構成する5つのカテゴリーです。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:03 閲覧数:36332

トレーニングはどのように行ったらよいのでしょうか?この問いに対するヒントはいくらでも手に入ります。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:02 閲覧数:33576

それでは、日々のデータはどこに記録しておけばよいのでしょうか。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:01 閲覧数:35399

しかし、トレーニング日誌には欠点もあるので注意が必要です。データをたくさん書き過ぎて、それを分析するために、練習より長い時間がかかってしまうのです。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 02:00 閲覧数:33726

トレーニング日誌は、つけること自体が目的ではありません。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 01:59 閲覧数:31800

日誌を一番シンプルなフォーマットにすれば、練習、レース、目標、目的、距離の記録をつけるだけです。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 01:58 閲覧数:32946

自由になる時間が限られた、セルフ・コーチングをしているトライアスリートやデュアスリートは、少ないトレーニング時間を最大限に活かさなければなりません。このような選手にとって、日誌は頼みの綱です。続きを読む

【立ち読み版】2013年2月23日 01:57 閲覧数:33859

持久系運動選手は往々にして思いつきでトレーニングをします。本書ではそれと反対に、レースに向けてトレーニングを組み立て、管理するということを強調してきました。続きを読む

<45678>