もっと速くなるために参考になるじてトレ出版物の立ち読み版です。

10ページ中1ページ目

【立ち読み版】2016年8月25日 00:02 閲覧数:872

続きを読む

【立ち読み版】2016年8月25日 00:01 閲覧数:869

続きを読む

【立ち読み版】2016年8月24日 00:02 閲覧数:8425

続きを読む

【立ち読み版】2016年8月22日 00:02 閲覧数:11874

続きを読む

【立ち読み版】2016年8月19日 00:02 閲覧数:20680

続きを読む

【立ち読み版】2016年8月19日 00:01 閲覧数:20688

続きを読む

【サプリ・食事・補給】【疲労・回復・睡眠】【立ち読み版】2015年9月23日 16:39 閲覧数:268308

回復のプロセスは、練習を基準にして、「練習前と練習中の回復」「練習直後の回復」「長期的な回復」の 3つの段階に分けることができます。各段階の回復計画を慎重に立てることで、回復を早め、次の練習の質を上げ、効果を高めることができるでしょう。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2015年7月24日 00:03 閲覧数:323856

私は、レースシーズン前にリード・アウトの練習をするチームが少ないことに驚いています。チームでリード・アウトの技術を磨いておくことは重要です。優れたリード・アウトは、芸術的でもあります。プロツアーのトップチームのような域に達することはできないかもしれませんが、技術が高まるほど、チームのスプリンターが勝つ確率は高まります。ベーストレーニングでのリード・アウトの練習は若干時期的に早いかもしれませんが、早く始めればそれだけの効果が見込めます。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2015年7月23日 00:03 閲覧数:348390

スプリント・パワーを強化するということは、より大きな抵抗に瞬時に打ち勝つ能力を高めるということです。つまり、より重いギアをより速く回せるようになる必要があります。続きを読む

【わかる パワートレーニング!】【立ち読み版】【速くなるためのヒント一覧】2015年7月22日 00:15 閲覧数:160819

少なくとも20分ウォーミングアップをします。続きを読む

【わかる パワートレーニング!】【立ち読み版】【速くなるためのヒント一覧】2015年7月21日 00:15 閲覧数:158165

少なくとも20分ウォーミングアップをします。続きを読む

【わかる パワートレーニング!】【立ち読み版】【速くなるためのヒント一覧】2015年7月20日 00:15 閲覧数:151730

少なくとも20分ウォーミングアップをします。続きを読む

【わかる パワートレーニング!】【立ち読み版】【速くなるためのヒント一覧】2015年7月17日 00:15 閲覧数:159396

20分ウォーミングアップを行い、心拍数をZ3まで上げます。続きを読む

【わかる パワートレーニング!】【立ち読み版】【速くなるためのヒント一覧】2015年7月16日 00:15 閲覧数:154435

少なくとも20分ウォーミングアップをします。徐々に強度を上げていき、最初の15分はケイデンスを高めに保ってください。続きを読む

【わかる パワートレーニング!】【立ち読み版】【速くなるためのヒント一覧】2015年7月15日 00:15 閲覧数:151376

定期的にテストを実施することで、現在の体力レベルの客観的な基準を把握することができ、それをもとに、より具体的な目標設定を行えます。テスト結果からかなり大きく進歩したことが確認できれば、自信がつき、達成感も得られることでしょう。続きを読む

【わかる パワートレーニング!】【立ち読み版】【速くなるためのヒント一覧】2015年7月14日 00:15 閲覧数:155231

CPは、ある持続時間(単位:分)での最大平均ワット数のことです。続きを読む

【立ち読み版】【速くなるためのヒント一覧】2015年7月13日 00:15 閲覧数:140963

ボルグ・スケールはRPEのシンプルな計測方法で、トレーニングや競技時の強度レベルの測定に使用します。続きを読む

【サプリ・食事・補給】【立ち読み版】2015年7月6日 06:10 閲覧数:221703

「プロテイン(タンパク質)」という言葉は、ギリシャ語で「第 1の」「もっとも重要なもの」などを意味する「プロテイオス(proteios)」という言葉が語源です。この語源はふさわしいといえます。というのも主要栄養素をバランスよく摂るには、まずタンパク質の摂取量を決めることから始めるからです。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月27日 00:01 閲覧数:229890

領域 VIのレースは、長距離のクリテリウムおよびサーキット・レースです。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月24日 00:01 閲覧数:234960

領域 Vは、短距離のクリテリウムなどです。マスターズ、レディース、ジュニアのレースが該当します。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月23日 00:02 閲覧数:208235

領域 IVは、トラック・レーサーの中でも特に個人スプリントの分野です。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月23日 00:01 閲覧数:220275

ロード・レースで領域 IIIに該当するのは、ステージ・レースのショート・プロローグのみです。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月22日 00:01 閲覧数:224699

領域 IIのレースは、15~30kmのタイム・トライアルと3時間未満のロード・レースなどです。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月21日 00:01 閲覧数:224334

領域 Iは、平坦~起伏のあるコースでの長距離のレースで、オランダやベルギーなど欧州の北西部の国々で多く見られます。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月20日 00:01 閲覧数:224612

このセクションの目的は、「特定のタイプのレースで最適なパフォーマンスを発揮するためには前述の6つの能力をどのように組み合わせたらよいか」を紹介することです。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月17日 00:01 閲覧数:238299

サイクリングのトレーニングでもっとも誤解されやすいのがスプリント・パワーのトレーニングです。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月16日 00:01 閲覧数:232063

無酸素持久力のためのトレーニングには、VO2maxを鍛えるための耐乳酸反復インターバル(付録 Cを参照)が含まれます。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月15日 00:01 閲覧数:232185

筋持久力のトレーニングは冬の半ばから、心拍数ゾーン3かCP90で数分間維持からスタートします。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月14日 00:01 閲覧数:226864

筋力と同じく、スピード・スキルを磨けばペダリング効率が上ります。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月13日 00:01 閲覧数:233332

筋力の強化は、初冬のウェイト・トレーニングから始めます。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月10日 00:01 閲覧数:235304

持久力のトレーニングでは、まず初冬にノルディック・スキーやインライン・スケートなど複数のスポーツを組み合わせた有酸素トレーニングを行います。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月9日 00:01 閲覧数:220416

前述したように、トレーニングには一般的なものから専門的なものへと移行するのが一般的なパターンです。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月8日 00:01 閲覧数:225598

また、レース特有のリミッター以外にも、レースでの目標達成を妨げる要因もあります。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月7日 00:01 閲覧数:223808

前述したように、出場するレースの種類によって、どのような強みが必要であるかや、どのような弱点がリミッターとなるかが変わります。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月6日 00:01 閲覧数:231040

リミッターに話を戻しましょう。前述したように、リミッターとは、目標とするレースに深く関連する「弱点」のことです。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月3日 00:01 閲覧数:219180

スプリント・パワーとは、最短の時間で最大の力を発揮する能力のことです。スプリント・パワーは、基礎能力の「筋力」と「スピード・スキル」が組み合わさったものです。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月2日 00:00 閲覧数:214742

無酸素持久力とは、重いギアを高ケイデンスで回した時の疲労に耐える能力のことです。優れたアスリートは、「スピード・スキル」と「持久力」の組み合わせでこの能力を発揮します。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年10月1日 00:01 閲覧数:228439

筋持久力とは、長時間にわたり高負荷に耐える筋肉の能力のことで、基礎能力の「筋力」と「持久力」が組み合わさったものです。サイクリングでいう筋持久力とは、長時間、重いギアを回し続ける能力を指します。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年9月30日 00:01 閲覧数:212710

スピード・スキルとは、素早く効率的に動く能力のことです。スピード・スキルが優れた選手は高速でもペダルをスムーズに回すことができ、無駄のない動きで機敏にコーナリングできます。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年9月29日 00:01 閲覧数:215741

筋力は、抵抗に打ち勝つ能力のことです。サイクリングでは、上り坂や向かい風の中を走行する時にこの能力が必要になります。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年9月26日 00:01 閲覧数:219075

持久力とは、疲労の発生を遅らせて運動を継続する能力のことです。本書では特に、「有酸素レベルでの運動」について使用します。続きを読む

【期分け・練習計画】【立ち読み版】2014年9月25日 00:01 閲覧数:211680

レース・パフォーマンスは、自分の強みがレースで必要な能力と重なっているかが大きく影響します。続きを読む

【トレーニングメニュー】【レース対策情報・レース戦術】【立ち読み版】2014年3月19日 15:10 閲覧数:613887

クリテリウム形式のコースで、コーナーを抜ける度に10秒のスプリントを15~30回行います。続きを読む

【トレーニングメニュー】【立ち読み版】2014年2月28日 15:00 閲覧数:497418

15~30分間ウォーミング・アップをした後、平坦なコースで8マイル(約12.8km)のタイム・トライアルを実施します。続きを読む

【初心者のためのヒント】【立ち読み版】【速くなるためのヒント一覧】2014年2月20日 06:40 閲覧数:467133

前述したトレーニング理念をよく理解していたただけるよう、10項目の指針からなる「トレーニング十則」を作成しました。この指針を日頃の考えや実際のトレーニングに取り入れることで、トレーニング理念を実践でき、労力に対して大きな見返りが得られるようになるでしょう。効果は、年齢や経験に関係なく期待できます。続きを読む

12345>